キャバクラの仕事

キャバクラとは、キャバクラ嬢と呼ばれる女性従業員(「キャバクラ嬢」は俗的な呼び名で通常は「キャスト」と呼ばれる)が客に飲食物を提供しながら接客する形態の飲食店のことです。
このキャバクラとは、「キャバレー」と「クラブ」を合わせて作られた造語で、昔でいうところのキャバレーのような明朗会計、なおかつお手ごろな料金で、さらにはクラブのような高級感を兼ね備えているということを意味しています。
キャバクラが登場したのは1980年代半ばのことですが、当初は、「三回通ったらデートができる」というのがセールスポイントだったようです。
価格帯としては、スナックと高級クラブの中間のような位置づけとなっています。高級クラブへ通う事を思えば手軽な料金と言えるのではないでしょうか。

このキャバクラですが、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」略して「風適法」の第二条の定める風俗営業のうち、接待飲食営業に分類される1号または2号で、都道府県公安委員会から許可を得ています。いわゆる性風俗店とは分類が異なります。したがって、店内における性的行為などは法律で一切認められていません。
また、18歳未満の者に客を接待させることも出来ません(風適法第22条)。さらに、18歳未満の者を入店させることも禁じられています(風適法第18、22条)。
営業時間に関しては、風適法13条により午前0時から日の出までの深夜は営業出来ないという制限を受けています。ちなみに、この風適法にプラスして、「食品衛生法」第51、52条、「食品衛生法施行令」第35条により店舗の所在地を管轄する保健所に飲食店営業許可申請をして、都道府県知事の許可を得なくてはなりません。

キャバクラの仕事内容ですが、簡単に言うならお客と会話をしながらお酒の相手をすることです。時にはお客との疑似恋愛を演じなければいけない場合もあります。なお、風俗ではないのでお触りなどの性的な行為を強要される心配はありません。
最初は誰もが自分指名のお客を持っていないので、お店側から指名のないフリーのお客をつけてもらう形になります。一人のフリー客を接待する時間は10分~15分程度です。そのフリーのお客を本指名としてお店に呼ぶことがキャバクラ嬢の最大の役目となります。

キャバクラの仕事は一般のアルバイトに比べかなりの高収入を得られますので、学費を稼ぎたい、貯金をしたい、借金を返済したい、整形手術をするための費用など、さまざまな目的でお金を稼ぎたい女の子たちがキャバ嬢として働いています。また、人気のキャバ嬢がモデルとなっている雑誌『小悪魔ageha』の流行もあり、agehaのモデルにあこがれて「キャバ嬢になりたい」という人も多くなっています。
キャバクラは有名企業の接待場所としても使われることも多いので、そのような企業の人たちとコネを作る目的で働いている人もいるようです。そう言った企業の人たちとのコネを活かして人生が変わる事もあるかも知れませんからね。

日本中の風俗求人情報ならガールズヘブンにお任せ下さい。高収入の求人情報が満載です!

インターネットのライブチャットをお探しならこちら。チャットで女の子と楽しく会話出来ちゃいます。

金山に衝撃!!超ハイクオリティセクシーキャバクラはこちら!→Festino(フェスティーノ)